IFO(アイエフオー)注文とは、名前からも何となく想像がつくとおり、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。


IFD注文だけでは、一次注文に対する二次注文は指値の場合は利益確定、逆指値の場合では損切りと、どちらかの注文を出すことしかできませんでした。


また、OCO注文だけでは、利益確定と損切りの注文を同時に出す場合、新規の注文はあらかじめ別で出しておく必要がありました。IFO注文では、この注文のみで最初から最後まで取引を済ませることができます。


新規注文、利益確定の値、損切りの値をあらかじめ指定しておけば、あとは自動的に取引をしてくれるのです。


たとえば「1ドル100円になったら買い、1ドル105円になったら利益確定し、反対になったら95円になったら損切りする」というような注文を出すことができるのです。

OCO(オーシーオー)注文とは、One Cancel Otherの略で、2つの注文を同時に出し、一方の注文が約定すればもう一方は自動的にキャンセルされるという注文です。<br><br>
たとえば、今あなたは1ドル100円のレートで買ったドルを持っているとします。1ドル105円になったら利益確定をして、反対に95円になったら損切りをしたいとします。<br><br>
このときこの2つの注文を同時に出すことができるのがOCO注文なのです。片方が成立すればもう片方は必要がなくなるので、自動的にキャンセルされることになるのです。

IFD(イフダン)注文とは、If Doneの略で、一次注文が成立したら、自動的に二次注文を出すというものです。


たとえば買いの場合、今のレートが1ドル103円だとして、1ドル100円になったら買い、1ドル105円になったら利益確定するという取引をするとします。普通は指値でそれぞれ注文を入れなければなりませんが、IFD注文なら一度の注文でそれを済ませることができます。


なお、IFDの二次注文では指値でも逆指値でも入れることができるので、利益確定だけでなく損切り、またはそれぞれのポジションの追加注文に使うこともできます。

FXでは、基本的な注文方法に成行、指値、逆指値があります。これらの注文方法は株でも使われているものなので、株の経験者には馴染み深いのではないでしょうか。


成行注文とは、とにかくすぐに売り買いしたいというときに出す注文です。注文を出した瞬間の市場のレートで注文が成立します。確実に注文を成立させることができますが、いくらで成立したのかは注文が確定してからではないと分からないというデメリットがあります。


指値注文とは、自分で通貨を売り買いする値段を決めておき、市場のレートがその値になったら取引きが成立するという注文です。成行とは違い取引の値段は自由に指定できますが、レートがその値に達しなければいつまでも注文が成立しません。


逆指値注文とは、名前のとおり指値と逆の注文方法です。指値はレートがある値まで下がれば買い、上がれば売るというものですが、逆指値はレートがある値まで上がれば買い、下がれば売るというものです。


この注文方法は損失を限定するときや、上昇トレンドを確認してから買いたい場合に有効なので、ぜひ使いこなせるようになってください。


以上の3つのほかにも、FXには多様な注文方法があります。それがIFD注文、OCO注文、IFO注文です。


それぞれ一見とっつきにくそうな名前をしていますが、慣れてしまえばたいしたことはありません。使いこなせれば大変便利な注文方法となります。

FXを始めるためには証拠金になる資金が必要です。1万円あればFXを始めることができます。<br><br>
しかし、資金1万円ではちょっとした為替相場の動きで証拠金率を下回ってしまい強制ロスカットされる可能性が大きいです。<br><br>
資金1万円でやるなら、最初からギャンブルと割り切っておきましょう。<br><br>
FX投資の資金1万円でもレバレッジを100倍にすれば100万円の取引ができます。つまり1万ドルの通過を買うことができます。為替が1円動けば1万の収入になります。1万円で1万円の利益ですからすごく魅力的ですね。

通常、「金利」といえば満期や一定期間ごとに受け取るのが普通ですね。例えば念に1回などといった具合です。


しかし、FXのスワップ金利はまったく違います。スワップ金利は毎日入ってくるのです。完全な日銭です。考えても見てください。毎日毎日金利が入ってくるのです。嬉しくなりませんか。スワップ金利は、毎日、毎日、ポジションを持っている限り毎日受け取ることができる金利なのです。


例えば、USドル/円で1万通貨の「買い」取引で、1日に約150円(2007年10月現在)のスワップ金利を受け取ることが可能です。


10日間ポジションを持ち続けていたら10日分のスワップ金利1500円、1ヶ月ポジションを持っていたら30日分4500円のスワップ金利を受け取ることができます。


FXは為替差益だけで儲ける取引ではありません。スワップ金利狙いはれっきとしたFXで勝つための戦術なのです。外貨預金のように全然売買せずにずっと持ち続けていくことも可能なのです。


スワップで得た金利をまた通貨を買う資金に回せば、複利でどんどん膨れ上がっていきます。

少ない資金で大きな取引ができるレバレッジ
FXの一番の魅力は、レバレッジを効かせれば、小さい元手で大きな利益を得ることが可能になるということです。


証拠金の最低金額は取り扱い業者によって様々ですが、一般的には10万円を最低保証金にしているFX会社が多いです。中には、1万円の証拠金で取引をはじめることができるところもあるようです。


最低証拠金の金額が小さければ小さいほど、手軽に投資できるようになりますよね。


例えば1ドル100円だとして、証拠金10万円、レバレッジを100倍にしたとします。10万円の100倍で1千万円の取引ができるのです。10万ドルのドルを買うことができます。為替が1円動けば1万絵の利益(逆の場合は損失)を得ることができるのです。


更にスワップポイントは毎日1500円も入ってきます。毎日ですよ。月にすると45000円です。こんなり美味しい投資はFXを除いてほかにはないでしょう。

FXでは、日本国通貨と外国通貨の売買を行い、資産を増やすことが可能です。具体的には2通りの方法があります。


1つ目は、為替の変動を予想することによって、売買益を得る方法です。金融投資の正統的な手法です。


2つ目は、各国の金利差を利用して、金利収入を得る方法です。この金利収入のことを、スワップ金利(スワップポイント)と呼びます。FXでは、2つ目の方法を利用する投資家のことを俗に、スワップ派と呼びます。


前者に関しては、例えば、100万円を元手に1ドル=100円の時に10万ドルを購入し、1ドル=120円の時に10万ドルを売却。資産は3倍の300万円になります。FXでは、元手以上の投資が可能です。これをレバレッジ投資と呼びます。


後者に関しては、例えば、100万円を元手にドルを10万通貨購入。日米金利格差により、一日約1000円程度の金利収入になります。


2005年7月に法改正が行われ、安全な投資環境が整いつつある中、株に変わる新しい投資対象として、注目を浴び始めています

ポンドは、かつて世界の基軸通貨としてもっとも信用があった通貨です。


ポンドの特徴としては、とにかく変動が大きいことがあげられます。変動が激しいのは年単位だけでなく日単位でも他の通貨と比べると、1日の変動の絶対量はFXで取引できる通貨の中では最も大きいです。1日に2円3円動くのは当たり前で米ドルでは考えられないような値動きをします。特に何か為替が大きく動く要因が発生した時は5円以上動くこともあります。


このようにポンドは激しくレートが動くので儲かるチャンスは非常に多いです。しかし逆も同様にそれだけ損をする可能性もあります。


また、ポンドは原油価格の高騰の際、非常に買われやすい通貨だということがあげられます。というのも、イギリスは北海油田を保有しており、原油の国内自給率が非常に高く、資源国であるためです。新興国の台頭などで石油の需要はまだまだ伸びるでしょうから、ポンドが代われ外貨がイギリスに流入しやすくなります。

1999年、ヨーロッパ11カ国の統一通貨としてユーロが誕生した時のことは、まだ皆さんの記憶に新しいことと思います。


現在は、米ドルや円に対してユーロの地位は相対的に高まりつつあり、今後は、ドルに続く第2の基軸通貨としての役割も期待されつつあると言えるでしょう。


ユーロの値動きの特徴として米ドルに対して逆相関の形をとる傾向にあることが挙げられます。つまり、米ドルが急激な売りに出される時、欧米の投資家はユーロを買いに走るのです。


これは米ドル下落や有事の際につられて下落する傾向にある日本円とは対照的な事象であると言えるでしょう。

DESIGNED BY